婚活大国ニッポン!今、日本は世界でも類を見ない婚活ブーム。結婚相談所は全国に4000社、利用者は60万人と言われています。そして、婚活世代は以前とは様変わりしています。長寿化や核家族化に伴う結婚観の変化や、2004年以降の段階的な年金制度改正によって離婚後も夫婦で年金が分割可能となったこと等も影響し、「熟年離婚」が劇的に増加しました。一方で、未婚の中高年男性も急増しており、50歳の時点で一度も結婚経験がない男性は、2010年時点で5人に1人、1995年から2倍以上も増加しました。また、65歳以上の一人暮らしは約600万人、男性の5人に1人、女性の2人に1人が独身です。その結果、50代以上の世代による「熟年婚活」が急増しています。離婚後のセカンドライフを楽しみ新たなパートナーを望む人々や、未婚の中高年男性をメイン顧客とした熟年層向けの結婚相談所や婚活サービスが巷で人気を博すようになりました。
そんな世相を背景に、結婚相談所で効率よく相手を見つけ、資産を狙って結婚詐欺を働く犯罪が“後妻業”です。最近でも、京都で起きた事件が大きく世間を騒がせました。

朋美は同級生の弁護士に助けを求め、さっそく小夜子の調査が始まるが、そこで衝撃の事実が発覚する。なんと小夜子は、金持ち老人を色香で虜にし、後妻に入って金品を巻き上げる“後妻業の女”だったのである!!小夜子は過去に8人もの男と結婚を繰り返しては夫と死別したり、夫の行方がわからなくなっており、その背後には結婚相談所所長の柏木亨(豊川悦司)の影があった。

「結婚相談所に限って言えば、男の高齢者がよくモテる。第一条件は資産があること。持病があればなおいい。看取る時間の効率が良いから女同士の取り合いになったりする…」

次から次へと“後妻業”を繰り返してきた小夜子と柏木、2人の悪事を暴こうと奔走する朋美と、調査に協力する裏社会の探偵・本多芳則(永瀬正敏)、小夜子の次のターゲットでありながら、彼女が本気で愛してしまった不動産王・舟山喜春(笑福亭鶴瓶)、そして彼らを取り巻くひと癖もふた癖もある人々・・・。
今、愛とお金をめぐるドラマが始まる―――!!!